inaiinaibaaa
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のつぶやき日記

2016年 初めての出産を経験。主に育児についてつぶやいてます( ^ω^ )

抱っこ紐はいつまで?

割と歩き出すのが早かった娘。

1歳を過ぎると頻繁に公園へ連れて行くようになりました。

それまでは買い物は専ら抱っこ紐でしたが、 歩くしそろそろ重いのもしんどくなってカートになりました。

歩けるようになるとちょっと降りててー って降ろせるようになるのは楽だけど もーどこに行くかわからない。

ちょっとレジの間だけって降ろすと すかさずスタスタとどこかへ行ってしまう。 とりあえずお金を置き、すみませんと言って追いかける私。 なんとか片手で抱っこしつつお釣りを受け取る。 カートがないと無理です。

でもカートがないところもあるじゃないですかー ちょっとコンビニ寄るとか、 役所の窓口で手続きとか、 理解ある人なら大目に見てくれると思うんですが、 忙しい人からしたらちょっとーとか思われてるんじゃないか…

ベビーカーに乗せるまでもないんだけど(むしろ乗るのを嫌がっちゃう) どこかに固定しないと大変って時、 あーまだ抱っこ紐の方がいいのかなーと痛感。。

歩けるようになったらもう使わないのかなーなんて思ってたけど 出かける場所によっては抱っこ紐要りますね。

ただもう少しコンパクトになったらなぁ〜 一応の保険にしては結構な荷物になるので、ね、、

とは言っても家の中ではまだ抱っこ紐大活躍中です!

食事の支度しないといけないのにかまって攻撃がすごい時、 おんぶすればいつの間にか寝てます。

まぁ肩凝りとの戦いなので、 出来ればテレビやおもちゃで時間を稼ぎたいんですけどね、、

育児は体力勝負! 母ちゃんストレッチして頑張るよ〜

一般的にいつまで使うものかは分かりませんが、 取扱い書には36ヶ月、すなわち3歳になるまで使えるんですよね。

3歳というと13キロほどでしょうか、 いやー10キロのお米もだいぶだよ。 おんぶして家事はさすがに倒れそう。。。

でも抱っこ紐卒業の日がやってくるのかと思うと ちょっと寂しくもあるなぁ〜

初めて抱っこ紐を使った日。 家の中でベビーカーに乗せてシミュレーションしたり、 本当分からないことだらけだったな〜

また抱っこしてお買い物でも行こうかな。 目の前にお顔があるの嬉しいしね(^ ^)

シャンプーを変えてみました

先日美容院へ行き、残念なプリンヘアも綺麗になりました。

なかなかこまめに美容院にも行けないので、 黒髪でも〜と思うけど やっぱり真っ黒はちょっと抵抗があるんだなぁ。。 服もメイクも色々手抜きになった分、 せめて髪くらい、みたいな。

髪の印象って結構大きいですしね。

ま、せっかくカラーしたので少しでも持ちを良くしようと カラー後1週間は特に気をつけるようにはしてます。

前々からカラーダメージ用のシャンプー類を使ってたのですが、 ちょうど無くなるので新しいのを試してみようと。

使ってみての感想、

髪がサラサラになった!

何か怪しいものでも入ってるんじゃない?ってくらいサラサラになりました。

最近はドラッグストアでも色んな種類が出ていますが、 美容師さんの話を聞くとやっぱり市販のは指通りを良くするためによろしくない成分も入っているのだと。 ノンシリコンと言いながら、シリコン以上にダメージのある成分が入ってるみたいな。

なのでサロン専売品を買うようにしてるのですが、 化粧品と同じように合う合わないはあると思います。

値段だけではないと思うけど、 それなりに高いものは髪にも良いのだろうと。

今回たまたま選んだものが思いの外良かったので、 このまま使い続けてカラーの持ちを見てみようと思います。

育児うつって

育児っていつが大変なんでしょう。

それは子供が成人して巣立つ時に分かるのか、 はたまた自分の子供である以上一生分からないのか、、

でも手がかかるのは3歳までって言いますね。

実際に1歳を過ぎて新生児の時より楽になったこともあれば、 大変になったこともいっぱいあり… どっちが楽?って聞かれたら、、、

んーどっちも大変^_^;

でも母親になって1年もすると何で子供が泣いてるかも少しは分かるようになるし、 オムツ替えも慣れてくるし、(嫌がってより大変にもなるけど) 勝手がわかるから楽になる部分は大きいかな?

やっぱり新生児の頃は何がなんだかわかんなくて、毎日がいっぱいいっぱいで、成長をゆっくり感じることも出来なかったもんな。

産後ハイになってたとこもあって、 夜中いつ泣こうが起きれる自信があったし(今では添い乳で精一杯だけど^_^;) オムツ替えたり、着替えたり、抱っこしてうろちょろしたり、真夜中でも出来た。

大変だけど娘との愛おしい時間を毎日過ごしている反面、 急に社会と断絶されたように家族以外の大人と話す機会もなくなり、 不安になったり以前の生活がふと恋しくなったり 色んな葛藤がありました。

産後うつって言うのでしょうか 急に涙もろくなったり、不安になったり 今振り返るとそんな時もあったなぁ。。

誰にでもあるもんだと気にしないようにしてましたが、、

産後1年も過ぎると、同じ位の子供を持つお母さんたちはそろそろ保育園に入れて復帰する時期です。

この4月から仕事復帰する方も多いですよね。

そこでまた考えさせられる。

自分はこれで良いのか。 娘は家で、日中私と2人っきりの生活が良いのだろうか、 もっと色んな人、友達との関わり合いがあった方が良いんじゃないか、、

私も社会復帰が遅れると、どんどん復帰が難しくなるし、そもそも雇ってくれる会社があるのか、 悩みが尽きない。。

でも主人の仕事の都合もあって、 私も仕事となると色々不都合な面や負担が増すので もう少し娘との時間をゆっくり楽しんでも良いんじゃないかと 自分に言い聞かせる結論に至りました^_^;

今の時代、結婚して実家から離れて 近くに頼れる親もなく育児に励んでる家庭が沢山あります。

里帰りもせず、親の手伝いもなく、 夫と2人で新生児期を乗り越えた家庭も少なくないと思います。

同じ悩みを抱えてる人はいっぱいいる。

でも周りを見るとママ友は生まれも育ちもココです!みたいな人も多く、 ちょっと車出してーとか夜泊まりに行くーとか 簡単に出来てしまう距離に実家があるのを羨ましく思うことも多いです。

子供ができると、親のありがたみがよく分かりますが、それは現在進行形で助けてもらってるから。

1人で子育ては本当に大変です。

気の知れた親や友人が近くにいてくれたら、 大きな力になるんだろうなぁと 周りを羨ましく思うと同時に自分は…と

以前役所のやってる育児相談とやらで 保健師さん等々とお話しする機会がありまして、 日中2人で煮詰まってしまうよねー? ちょっとお母さんも鬱になってると思うけど、と言われ、、

鬱?今鬱って言った? 私は大変ながらも育児を楽しんでるつもりではあったけど、 側から見るとちょっと鬱っぽい人に見えてたのかと、 ショックを受けました。。

確かに服装も化粧も誰に見られるでもないから適当になり、 女子力は低下する一方で…^_^;

楽な方楽な方へ行ってしまってた自分。

やっぱり人は1人では生きていけない。

周りの人との関わりがあってこそ。

春になって暖かくなってきたので、 お外へ繰り出そう!

鬱なんて言われないように…

アレルギーとの付き合い方

アレルギーにも色々ありますね。

私も小さい頃はアトピー持ちで荒れやすく、皮膚科にも良くお世話になりました。

今もアトピーまではいかなくても敏感肌だと思います。 化粧品も悩みますしね。

でもって今は花粉症。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみに加えて肌も痒くなります。 そう、顔も痒くブツブツができたり…

一応女なので、肌荒れはかなりブルーになります。 肌が綺麗だとそれだけでもう美人なんだよな〜

今は飲み薬だけじゃなくて色んな対処法があるんですね。 顔にスプレーして花粉が付かないようにしたり、鼻の穴の中に塗ったり、何があってるのか色々試すのがいいんだろうけど結構お金もかかる。

無駄な出費は防ぎたいものです。

私が何十年か生きてきて行き着いたのはとにかく保湿をすること。 それは娘の1ヶ月検診で主治医に言われて学びました。 とにかく小さい頃に保湿をしっかりしておくと肌が丈夫になる。1年後全く違うのだと。

低刺激でセラミドが入ったものがいいです。 そして化粧水だけでは蒸発してしまうので、乳液等で蓋をする。

娘の肌を近くで見てるだけに、化粧をしようと鏡に映った自分の顔を見るとガッカリします。

女性に限らず顔って性格なんかが表れるし、それって生き方や生活習慣だったりするから モチベーションを高めるために見られる意識は大事だなぁと思います。

いつまで経っても変化する自分と向き合い、自分に合うものを探し続けるんだな。

身体は資本なので、内面からも外面も磨くことを忘れないようにしたいです。

自分の時間

娘も一歳を過ぎて少しずつ生活リズムが安定してきたのかなーと思います。

が、、、、 お昼寝の時間は見事にバラバラです。

それは大人の都合のせいもありますが、 まだ上手く寝れないのかな。。。

車に乗ってたり抱っこ紐で家事をしてるとすぐ寝ちゃったりするのに、布団に下ろすと泣く。

眠くてトントンしても添い寝ではとても寝ません。

大体は抱っこです。 抱っこでもギャン泣きでどうしようもない時、もうしんどくて早く寝て欲しい時、 最終手段としてまだ授乳があります。。

まぁほぼ100%で寝ます^_^;

毎日お昼食べたら2時間寝ますーとかだったら時間の確保もしやすいけれど、 相手をしながら夕食作るのって結構大変。 みんなどうやってるのー? 仕事してる人なんて帰ってからぐずる子供を横目に自分たちと離乳食と作るのー?

もー自分がそんな器用に出来る気がしません…

時間があっても大変なのになぁ。。

とは言っても適当に自由な時間を作ってます。 娘が起きてようがドラマを見たり、携帯をいじったり… 本当は良くないよな、って思いながら、、、

だってずっとつきっきりで見てるって無理_| ̄|○

お昼寝の間に、とか夜早く寝かしたらあとは自分の時間って言っても有意義に時間を使えてない。

あー器用に生きたい。。

気付けばもう3月

ひな祭りももう過ぎてしまいましたね。

ホットケーキでケーキを作っても食感が気に入らないのか、 娘に食べてもらえないのが悲しいです。

甘いものは早いうちからあげない方がいいものの、 普段食べる量が少ないので、甘いものなら食べてくれるかな、なんてつい思ってしまうのです。

健やかに育ってくれるようお祝いしました。

3月に入ると暖かい日が増えて、厚手のコートが要らなくなってきました。 娘と近所を散歩したり、公園へ行ったり、 絵に描いたような子育ての日々を送っております。

こんなんでいいのかなーと、みんなどうやって毎日過ごしてるのかなーと、疑問は尽きませんが。

そんな春。 これからはお花見も待っている素敵な季節ですが、私には辛いことも。。。

そう、花粉症。

去年はまだ娘が生まれたばかりでほとんど外に出ることはなかったのですが、 今年は元気の有り余っている娘の体力を消費させるため、どこへ連れて行こうか悩む毎日…

家の中でもくしゃみや鼻水、目のかゆみ、、 辛いのに外に行くのが億劫になります。

マスクはもちろんしますが、コンタクトも辛いので眼鏡。 曇る曇る^_^; ちゃんとマスクを選べばいいのですが、大量に入っているものを箱買いするので質が劣ります…

いつもは薬に頼っていても、まだ断乳できておりません_| ̄|○

日中はほとんど飲まないので問題ない気はするのですが… 花粉症って朝起きた時に症状が出るから寝る前に飲んだりしますもんね。

点鼻薬も制限されたり…

そこでここでも漢方です。

出産直前、もう花粉飛んでるの?って思った1月にくしゃみと鼻水が酷く、産婦人科で処方してもらいました。 「小青竜湯」

ドラックストアでも売ってるので助かります。

妊娠中はこれですごく改善されましたが、今年はどうかな?

漢方なら安心して飲めるので良いですね。

薬もお酒もそろそろ解禁!といくかな?

悩む卒乳

娘も無事1歳を迎えることができ、1歳を過ぎたら卒乳かな〜と思ってました。なんとなく。

卒乳、断乳

私の理想は自然に辞めれる卒乳です。 すぐに保育園などに預けるわけではないので、 娘が欲しがるなら、泣いて欲しがるなら、、 無理に辞めなくてもいいかなーと思ってるのですが、、、

そろそろ辞めたいなーと思うのは夜泣きがあるからでしょうか。。

娘が生まれて早1年。

朝まで熟睡できた日はあったのかなー

娘が朝まで起きなかったことはこの1年で多分10日もないくらいです。

しかもまだ3、4ヶ月の頃が1番よく寝てくれたな。

そしてそんな貴重な日でも眠りが浅く起きてしまう残念な自分。。

ってことで結局朝まで熟睡できた日は片手で収まるくらいでしょうか。

まー新生児の頃の頻回授乳に比べたら、

夜中にオムツ変えて、汚れた服を洗ってた頃に比べたら、

抱っこじゃないと寝なくて、はたまた夜中にしっかり起きてしまって抱っこしながら録画したテレビ見てた時に比べたら、

随分と楽になりました!

が、やっぱり2、3時間置きにちょいちょい泣かれると、 今が何時なのか、感覚が分からなくなってきます。 目覚めが宜しくない。

結構布団での滞在時間は長いはずなのに、ね。

寝れないって結構辛いです。 今日だけとか今の時期だけとか期間限定なら、 後から調整することも出来るかもしれない。

それが何週間も何ヶ月も、そして1年続くと、たとえ慣れたとは言ってもそれは麻痺だと。

別に時間はあるんだから子供と一緒に昼寝すればいいじゃーん、って思うけど… なかなか昼寝もできない。。。 産後間もない頃は気付いたら寝落ちしてたけど^^;

今は昼寝の時間に子供が起きてたらなかなか出来ない食事作りなんかの家事をする。

まーここぞとばかりに録画したドラマも見ますが^^;

とにかく仕事復帰があるから断乳しないと!って言うママさんみたいに緊急性がないので、 ついつい泣いたら仕方ない、とあげてしまう。。

日中はほとんど飲まなくなったものの、 残るは夜間。。

寝かしつけと夜泣き。 どうやって戦うか、、、

執着心ができちゃう前に、なんとか辞めたいと切に思ってます^^;

頑張れ娘!そして私、